コソダテノスキマ

子育ての隙間です。育児に関するあれこれです。

1ヶ月

写真に撮られる乳児を見ていて思うこと

写真に撮られるのが苦手である。 ささみ自身が撮影されることを厭う、という意味ではない。私を撮影されるのが、という意味でもない。妻を除いたほかの誰かが、ささみを写真に収めようとするその光景が、苦手なのである。

おしゃぶりで楽する育児に思うこと

乳児におしゃぶりを与えることに関しては、賛否両論のようである。 その利点としては、寝つきがよくなる、精神的安定が得られる(泣きやむ)、保護者のストレスの軽減などが、欠点としては、習慣性が強い、長時間・長期使用による噛み合わせへの影響、発語の…

把握反射で彼女がその手に掴むもの

その握られた手を開いてみれば、そこにはいつも、ホコリである。 赤子の原始反射のひとつ、把握反射と呼ばれる行動によって、ささみはその掌に触れたものを何でも握り締めてしまう。だから布団やバスタオルや肌着などを掴んでいるうち、糸屑やら何やらが絡み…

1ヶ月乳児検診で張り切りすぎた両親の話

その夜、私と妻は、まるで遠足を翌日に控えた子供のように、そわそわと心せいていた。朝になれば、ささみを連れて病院へと赴かねばならないからだ。 一ヶ月乳児検診である。ささみ、初めてのお出かけである。